帽子 ハゲ

MENU

帽子をかぶっているとハゲやすいは嘘だった!

昔から帽子をかぶるとはげやすい、薄毛になるとよく聞きますが、これは嘘です

 

帽子をかぶることによって、太陽の熱から頭の温度の上昇を防ぐことができます。また、紫外線の浴びる量を減らすことができるので皮膚が炎症を起こすことを防ぐことができます。

 

紫外線はお肌の強敵とよく言われますが、頭皮も顔の皮膚とつながっていることから頭皮に対しても良くありません。紫外線を浴び続けると皮膚が炎症を起こし、髪にダメージを与え抜け毛や皮膚のトラブルなどを引き起こしてしまいます。
特に夏、6〜7月の紫外線量は非常に多い為皮膚トラブルが多発します。夏場は帽子をかぶって予防することで薄毛になりにくくなるのです。
しかし、ずっと帽子をかぶり続けることもよくありません。帽子を被ったままにしておくと汗をかき頭皮が蒸れてしまいます。
頭皮が蒸れると細菌が繁殖しこれまた皮膚のトラブルになってしまいます。なので、帽子はかぶり続けるのではなく、室内では脱いで髪の蒸れをとってあげることが重要です。

 

薄毛の人は自分に自信がない人が多いです。
帽子はオシャレにもなり、ファッションの一部でもあります。また、薄毛の人や病気で髪の毛が抜けてしまった人は自分のコンプレックスを隠したりすることで自分に自信が持てるようになります。
頭皮を守ることはとても重要であり今は様々な帽子の種類があるのではげ防止の為に帽子は重要です。

 

日本では会社等や正式の場では帽子をかぶることを禁止しています。その為、帽子をかぶるのは主にプライベートな時間で、働いている人にとっては仕事終わりや休みの日に限定されます。
帽子をかぶるとはげやすいのではなく装用時間等から考えて主に遺伝的な問題がはげの原因であると考えます。

 

現在では様々な帽子があり種類も多様化しています。昔からある麦わら帽子等の他にも通気性の良い帽子が開発されています。薄毛の人は自分にあった通気性の良い帽子を見つけることが重要です。